七星明氏開発の見込み客ゲッターのココが使えない

ヤフーロコに記載されている店舗名や住所、ホームページURLのデータを自動的に収集してくれるという見込み客ゲッターを購入しました。
見込み客ゲッター

とても便利で非の打ち所がないように思いましたが、実際に使ってみて分かったことは、、、。

「フォームに1件1件登録するのがめんどくさい(;′Д`)」

ということでした。これはどちらかというと、テレアポなどを大々的に行っている会社が使うのが一番かと思いました。私のように一人で仕事をしているようなものにとっては、1件1件フォームに登録して送信・・・・。

ということを実践するだけで日が暮れてしまいます。それだけが仕事でれば問題ないのですが、サイトの更新や事務的な仕事などやることがいっぱいなので、、。

「手が回らなくなってしまった」というのが本音としてあります。

ただ、もちろん、このようなツールは使いようなので、、、。非常に便利なツールであることには変わりません。

今回の記事タイトルは

「見込み客ゲッターのここが使えない」

ですが、実は使えるところもたくさんあります。まず第一に、

1.業種の属性を絞ることができること!

見込み客ゲッターで取得してくる業種は、美容や整体などジャンル別にリストを分けることができます。これはサービスを提供するものとしては、商品を販売しやすいことを意味します。

また次に、

2.ある特定の地域だけのリストを出すことができること

例えば、あなたが千葉県に住む人を対象に商売をしている場合、お客様は千葉県に住む人だけが対象となります。見込み客ゲッターはそのような地域を絞ってリストにすることができます。

これもまたサービスを提供している側としては、大いに活用できます。

どちらにしても、このようなツールは、

「使う人の使いようですね」

人海戦術的に、数多くアプローチできる方法を持っている人にはオススメですね。
一方で、私のように個人で仕事をしている人だと、、、。ちょっと手が回らなくなってしまうのでは?

という懸念があるという感じです。