高野明氏のアメブロATMシステムについての率直な感想

サムライマーケティング株式会社の高野明氏がアメブロATMシステムというツールを発売されていますね。
ネットをみると、批判もあれば、賛同の声もあったりで、、、。どちらがどう、、という感じがしますが、、、。

【特定商取引法に関する表記】

商品名:アメブロATMシステム
会社名:サムライマーケティング株式会社
販売者名:高野明
住所:千葉県千葉市中央区中央4-10-7-501号

このようなツールをみる場合、考えないといけないことは、

「資本主義の世界では、誰でもできることはその価値が限りなく0になる」

ということです。つまり、

「同じものを供給する人が増えれば、どんどんとその価値はなくなっていく」

ということなんです。例えば、パソコンなどの相場も今は数万円まで落ちてきていますが、、、。20年前は超使えないパソコンでも20万ぐらいはしましたから・・・。

そうやって市場というのは、供給者が増えれば増えるほど価値がなくなっていくものなのです。これは資本主義の社会にいる以上免れません。

だから、同じ手法をしていたら、いずれはその価値は限りなく0になっていきます。

さて、そのことを踏まえ、このツールの謳い文句が、

自動販売機のようにほったらかしで入金されます♪

ということなのですが、そんな夢のようなことが実現できるなら苦労はないですよね(・∀・`*)^^(笑)。

もし、実現できるのであれば、それは、

「その人と同じことではなく、その仕組を自分なりに応用して活動できる人のみです」

同じことをしていれば、リアルの店舗で言えば、セブンイレブンの隣にセブンイレブン、さらに隣にセブンイレブンという感じで同じ店舗がどんどんと増えていくということになります。

ましてや、ランディングページが提供されたものがみな同じ、、ということを考えると、場所がネット上なのかリアルなのかの違いにしか過ぎません。

ただ、このようなツールは、応用次第でもあります。

「そのように人の流れを誘導すれば申し込みに繋がるのか」

という法則を学べば自分のビジネスに活用することは十分可能です。どちらにしても「何もしなくても、、」という言葉は正直聞き飽きました。

お金を稼ぐことも大事ですが、そのお金をどのような形で得たのか、、ということも大事かな、、というのが率直な感想です。